キララ富士山の天然水

キララ富士山の天然水キララ富士山の天然水

富士山が育んだ、ひとつ上の天然ミネラル

ひとくち飲んだ瞬間に広がる、まろやかなおいしさ、飲みやすさ。
大自然が育んだあらゆる恵みがバランスよく凝縮されたキララ富士山の天然水で、
あなたの、ご家族の、大切なカラダが変わります。

健康と美容の維持をサポート

天然水に含まれるミネラルの中でも、何より貴重な成分は、シリカとバナジウム。この2つのミネラルを同時に、ここまで豊富に含む天然水はほとんどありません。

健康と美容の維持をサポート

貴重なミネラル成分

SiO2シリカ(ケイ素)48mg

人の髪・肌・骨に含まれる美のミネラル

Vバナジウム70µg

毎日の健康維持のサポートが期待される

■シリカ
シリカには美容効果、健康増進効果があるといわれています。また、シリカは別名「美のミネラル」と呼ばれるほど美容に直接的な効果をもたらします。シリカは骨、毛髪、ツメ、血管と全身の様々な部分に含まれており、これらの成長促進・再生を促す働きにより、髪の毛はサラサラになり、骨は丈夫になり、肌のツヤも向上します。

■バナジウム
血糖値を下げる効果があるとされるバナジウム。バナジウムを含んだ食べ物には貝類やエビ、海藻がありますが食べ物やサプリメントなどから摂取するよりも、水から摂取するほうが効率よくカラダに吸収されます。

その上、カルシウムとマグネシウムは、理想のバランスといわれる3:1の黄金比で含まれています。その他にも、数多くのミネラルが類まれなバランスで含まれるキララ。ひとつ上の暮らしに欠かせない、ひとつ上の天然ミネラル成分です。

健康のための理想のバランス

Caカルシウム:Mgマグネシウム3:1

キララ富士山の天然水に含まれる豊富なミネラル成分

キララ富士山の天然水は全てのミネラルがバランス良く含まれた天然水です。富士山に降り積もった雪が溶け、その雪解け水が長い年月をかけ、地下にゆっくり浸透していく中で生み出された天然水です。

各数値は1ℓあたり

世界保健機構(WHO)のガイドラインに沿った水の硬度分類

ミニコラム

天然水とRO水

ウォーターサーバーのお水は、大きく「天然水」と「RO水」に分けられます。

豊富なミネラルを育むメカニズムだから選んだ、富士山の天然水。

2013年に世界遺産に認定された「富士山」。
富士山の天然水は「希少で特別な水」ともいわれ、その理由は、富士山のメカニズムにあります。

富士山特有の天然水を育むメカニズム

富士山特有の天然水を育むメカニズム

  1. 降水

    一般的に、山に降った雨は川となり流れていきますが、富士山にはひとつも川がないため、降った雨や雪どけ水がすべて地下深くに浸みこみます。

  2. ろ過

    降水が伏流水(地下に流れる川)となり、富士山特有の多層・玄武岩層を、数百年かけて通りろ過されます。

  3. ミネラル成分吸収

    長い年月をかけ、富士山ならではの貴重なミネラルを吸収し、熟成された味わいのある天然水となります。

  4. 採水

    富士山麓標高1,030mのキララ富士山工場で、大切に採水します。

美しい景観や文化的貢献だけでなく、豊富なミネラルを育むメカニズムも富士山の隠れた価値といえます。その中でも玄武岩層はバナジウムをはじめとした、豊富なミネラルを生み出す源です。
その玄武岩の層が7層で形成されている富士山だからこそ、極上の天然水が生まれるのです。富士山は地球のフィルターが育んだ天然水の中の天然水。だからキララは、日本が誇る富士山の天然水を選びました。

品質に関わるからこそ、徹底的に厳選した採水地。

同じ富士山の天然水でも、汲みあげる場所・環境で品質や成分が大きく変わってしまうのを
ご存知でしょうか? キララは「どこで採水するか」に徹底的にこだわり、あらゆる場所を探し抜きました。

富士山麓エリアで
業界NO.1の標高“1,030m”

キララが選んだ「富士箱根伊豆国立公園」の山中湖村(山梨県)は、今後ミネラルウォーター工場の認可がおりることはないともいわれるほど、自然豊かな環境です。

恵まれた源泉の地

恵まれた源泉の地

事業所数製造業の率
山中湖村91.70 %
忍野村7416.40 %
富士吉田市71718.90 %
富士河口湖町1266.90 %
鳴沢村3317.70 %

中でも、採水地の標高は、富士山麓エリアでウォーターサーバー業界No.1の1,030m。標高の高い地は、工場などによる地下水への影響がなく、自然が育んだそのままの、上質な天然水を採水することができます。理想の立地環境で、今日もキララは、一滴一滴大切に天然水を汲みあげています。

業界NO.1の標高“1,030m”