1. トップ/
  2. 水で仕上げるレシピ集/
  3. 水出しコーヒーの作り方を紹介! お手軽~本格派まで

水出しコーヒーとは、水でゆっくり抽出するコーヒーのことです。時間をかけて抽出することで、風味豊かなコーヒーに仕上がります。ここではビギナー向けから、本格的な道具を使った作り方までを紹介。まずは気軽にチャレンジできるものから始めてみてはいかがでしょうか。

目次

1.水出しコーヒーとは?

2.準備物はシンプル! 選ぶポイントは?

3.水出しコーヒーの作り方

4.水出しコーヒーをもっと楽しむアレンジ

5.まとめ

1.水出しコーヒーとは?

コーヒーといえば、お湯の温度を見ながら抽出するのが普通です。しかし、最近は水出しコーヒーがじわじわと人気になっています。すっきりとした風味がアイスコーヒーにぴったり、とも。ここでは、水出しコーヒーの特徴について紹介します。

水でゆっくり抽出するコーヒー

水出しコーヒーは、水で抽出するコーヒーのことです。コーヒー抽出法の1つで、「コールドブリュー」や「ダッチコーヒー」とも呼ばれています。お湯で入れる定番のコーヒーとは異なり、苦味やえぐみが出にくく、まろやかな飲み口になるのが特徴です。
水からコーヒーを抽出するこのアイディアは、インドネシアで生まれました。癖のあるコーヒーを飲みやすくするために考え出され、口当たりのいいコーヒー抽出法として人気があります。

水出しする際は、ひいた豆をピッチャーや専用ポットに入れ、時間をかけて抽出します。喫茶店で水出しコーヒーを入れる場合は専用ポットを使うことが多いですが、家庭にある道具でも簡単に作ることができるのが魅力です。

おいしいアイスコーヒーが簡単に作れる

水出しでコーヒーを入れると、やわらかい甘味・苦味のあるコーヒーができます。さっぱりした味わいになり、冷やして飲むアイスコーヒーにぴったりです。
水で入れるため、お湯で入れたコーヒーを冷やすよりも短時間でアイスコーヒーが作れます。

2.準備物はシンプル! 選ぶポイントは?

あれこれたくさんの道具をそろえなくても作れる、水出しコーヒー。準備物はシンプルですが、アイテム選びにはポイントがあります。ここでは材料や道具を準備する際のコツを押さえましょう。

準備するのはコーヒー豆、水、容器の3点

水出しコーヒーを作るのに必要なものはコーヒー豆、水、容器の3点。コーヒー豆や容器は家庭にあるものでも十分なので、気軽に始めることができます。

おすすめの豆は「中挽き」で「深煎り」

初めて水出しコーヒーを作る人におすすめの豆は、中挽きで深煎りの豆です。作り慣れてきたら好みの豆に変えることでも楽しめますが、まずは中挽き・深煎りで入れると失敗がありません。

中挽き~細挽きを選ぶとちょうどいい濃さに

中挽き豆を使うと、ちょうどいい濃さのコーヒーを作ることが可能です。挽きの粗さによってコーヒーの濃さは変わり、挽きが粗いほど味が薄く、細かいほど味が濃くなります。コーヒーは大まかに荒挽き(あらびき)・中挽き・細挽きの3つに分けられ、中挽きはその中間の粗さです。

深煎り豆なら酸味が少なくコクのある味に

苦味とコクのある「深煎り豆」が水出しコーヒーにおすすめです。焙煎(ロースト)は煎る時間によって浅煎り、中煎り、深煎りで8段階に分けられます。焙煎の時間が短いほど酸味が、長くなるほど苦味とコクが増し、香ばしさも加わります。

水出しコーヒーに適しているのは、最も深煎りの「イタリアンロースト」や、その次の「フレンチロースト」です。コーヒー豆を購入する際は、どちらかのローストで頼んでみましょう。

おすすめの水は「常温の軟水」

おすすめは常温の軟水です。水出しはお湯で入れるコーヒーと異なり加熱をしないため、他の抽出方法よりも水の影響を受けやすくなります。軟水はコーヒーの味に影響を与える成分があまり溶け込んでいないので、水出しコーヒーにぴったりです。
日本の水道水はほぼ軟水なので、水道水でも構いません。カルキの臭いが気になる場合でも、カルキ抜きをして臭いを取ることが可能です。

3.水出しコーヒーの作り方

ピッチャーや専用ポットなど、コーヒーの容器によって作り方は異なります。まずは身近な道具で気軽に始めて、水出しコーヒーが気に入ったら徐々に専用の道具をそろえて楽しんではいかがでしょうか。
ポットの他にもさまざまな専用の道具があります。水を入れるタンクやスタンドなどプロ仕様の道具があり、そのデザインにこだわって楽しむことも可能です。ここでは気軽にチャレンジできる順に、3つの方法を紹介します。

【方法1】お手軽! ピッチャーを使う方法

最も手軽に始められるのが、ピッチャーを使う方法です。家庭で麦茶を水出しする際に使うようなピッチャーで十分なので、初挑戦する人はこの方法から始めてみてはいかがでしょうか。

準備物はこの3つ

  1. お好みのコーヒー豆:100グラム
  2. 水:1ℓ
  3. ピッチャー(1ℓ用)

※1ℓの水出しコーヒーを作るのに必要な分量です。作りたい量に合わせて材料を調節してください。

放っておくだけ、のシンプルな作り方

  1. 茶葉を入れたり、だしを取ったりするためのパックに、コーヒー豆を入れておきます。パック  のサイズに合わせて、複数に小分けしても構いません。
  2. パックに入れたコーヒーを、空のピッチャーに入れてください。
  3. 静かに水を注ぎ、常温のまま1時間ほど置いて、コーヒーを抽出します。
  4. さらに冷蔵庫で8時間ほど寝かせれば、完成です。
  5. 抽出したら、コーヒーのパックを取り出しておきましょう。パックを入れたままにすると、雑  味が出てしまうことがあります。

8時間かけてゆっくり抽出

蔵庫に入れて8時間ほど寝かせると、香り豊かな水出しコーヒーの完成です。例えば夜寝る前に抽出して冷蔵庫に入れておけば、次の朝にはできたてのコーヒーが楽しめます。思い立ったときすぐに飲めるコーヒーではありませんが、冷蔵庫に入れておくだけでできるので、付きっ切りで作る面倒さはありません。

【方法2】本格的な味! 市販の水出しコーヒーパックを使う方法

市販の水出しコーヒーパックを使う方法もあります。水出しに合う豆がパックに小分けになっているので、買ってきてそのまま使えるのが魅力。豆の分量を量る必要がなく、コーヒー豆の選び方で迷ったときもすぐ使えるので便利です。 【方法1】と同様に、コーヒー豆をピッチャーに入れたら常温で1時間抽出して、その後冷蔵庫で8時間ほど寝かせれば完成です。

準備物はこれだけ!
  1. 市販の水出し用コーヒーパック
  2. ピッチャー
※水・ピッチャーは、コーヒーパックの製品ごとの基準に合わせて準備してください。

【方法3】プロ仕様! 専用ポットを使う方法

専用ポットにはさまざまな形状があります。ストレーナー(こし網)付きで効率よく水出しコーヒーが作れる1,500円程度のタイプや、外見を重視した数万円もするタイプなど、目的に合わせて選ぶことが可能です。
ここでは挑戦しやすいタイプとして、着脱可能なストレーナーが付いた専用ポットを使って水出しコーヒーを作る方法を紹介します。

準備物を確認しよう

  1. お好みのコーヒー豆
  2. ストレーナー付き水出しコーヒー用ポット

※1ℓの水出しコーヒーに対して、100グラムのコーヒー豆が目安です。ポットのサイズに合わせて豆や水の量を調節してください。

紙パックいらず。ストレーナーのあるポットでの作り方

  1. ストレーナー部分にコーヒー豆を入れてから、ポットにセットします。
  2. ポットにゆっくりと水を注いだら、スプーンで2~3回コーヒー豆をかき混ぜます。これでセットは完了です。
  3. 8時間程寝かせて抽出したら、完成です。
  4. 雑味が出ないように、ストレーナーを外しておきましょう。

4.水出しコーヒーをもっと楽しむアレンジ

水出しコーヒーの基本を押さえたら、今度は好みのコーヒーを探して楽しむのはいかがでしょうか。ストレートのコーヒーを極めたら、他の材料を加えてアレンジコーヒーを作ることも可能です。

豆を変えて好みの味を探そう

コーヒー豆は品種や生産地の違いで、酸味や苦味のバランスが変化。コーヒー豆の品種は、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3つに大きく分けられます。

アラビカ種はエチオピア原産で、香り・酸味に優れているのが特徴です。コーヒーの生産量が最も多く、生産量全体の70%以上を占めています。
ロブスタ種はアフリカ原産で、油分があって苦味が強く、酸味がほとんどありません。缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われることが多い品種です。
リベリカ種はアフリカ西海岸が原産地で、強い苦味のある品種です。栽培地域内のみで生産・消費され、市場にほとんど出回っていないことから「幻のコーヒー」などと呼ばれています。
豆をあれこれ試して、好みの水出しコーヒーを見つけてください。

果物を入れてフレーバーコーヒーに

冷蔵庫で寝かせる際にスライスした果物を一緒に漬け込めば、爽やかなフレーバーコーヒーの完成です。レモンやオレンジなどかんきつ系の果物と相性が良く、さっぱりとした味わいに仕上がるのが特徴。見た目にもきれいなので、ホームパーティーやリラックスタイムにおすすめです。

5.まとめ

水出しコーヒーは簡単にできるものから道具にこだわって作るものまで、さまざまな楽しみ方があります。あれこれ試行錯誤する過程も楽しいので、ぜひ理想の水出しコーヒーを見つけてくださいね。

あわせて読みたい